都市銀で法人口座を作るメリット

法人口座を開設できる金融機関

起業すると金融機関で法人口座を作る必要がありますが、金融機関には都市銀や地方銀、信用金庫などがあって、振込手数料やサービス内容などはそれぞれ異なりますよね。例えば、都市銀の場合は全国に支店を展開したり、アジアや欧米に支店や提携銀行を持つなど世界的に展開することからメガバンクと呼ばれます。代表的な銀行に「3大メガバンク」という日本最大の銀行が挙げられますね。このような都市銀で法人口座を開設すれば、多くの企業で活用されている実績があるため、例えば会社の信頼関係が高まります。また、全国に支店があるので同行間の振込手数料が無料の場合も多いです。そして融資の相談にも親身に対応するので高額融資を受けやすい等のメリットもありますね。

都市銀の法人口座の特徴

都市銀の法人口座は審査が厳しくて振込手数料も高いですが、審査が厳しい分、開設できれば信用力も高まります。支店も多くて振り込み手続きなどもしやすいので、主に大手企業と取引したり、日本全国に得意先がいる場合などは都市銀の法人口座がおすすめですね。また、近年ではベンチャーへの理解も進み、メガバンクでは、創業5年以内であれば申し込めるベンチャー企業向けのスタートアップ支援も行われ、新規のベンチャー企業でも開設がしやすくなっています。都市銀の法人口座があれば、役所での手続きや助成金の調達などもしやすくなるので、審査になかなか通らない場合は、取引実績が出来てからメガバンクの法人口座を開設するという方法もありますよ。