法人口座を作る上での注意点

法人口座を作る際にはじめに行うこと

法人口座を作るということは、その金融機関とその法人と取引を開始することになります。個人で口座を作る場合に比べ、法人の場合は審査が厳しい傾向にあります。金融機関に信用をしてもらえるように準備をしていきましょう。 まずは、取引する金融機関を選びます。都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、ネット銀行などがあり、自身の会社の場所や各金融機関の特徴などを踏まえて、どこで口座を開設するのがよいかしっかり検討をしましょう。 金融機関が決まったら、口座開設する際に必要なものを準備します。履歴事項全部証明書・会社実印・銀行届印・運転免許証や保険証などの身分証明書、入金するお金が必要です。入金するお金は最低金額が設定されている金融機関もありますので、事前に調べておきましょう。

会社と自分自身の信頼を得られる準備をしましょう

口座開設に必要なものが準備できたら、金融機関に信用をしてもらえるように次の準備をしましょう。 金融機関によって異なりますが、会社の事業内容がわかる事業計画書や会社案内のパンフレット、代表者印鑑証明、事務所の賃貸契約書など、どのような会社でどのような事業を行うのかわかる資料が必要です。 また、窓口に行く人の「人となり」も見られています。これから取引を行う会社です。信用できる相手であるか、金融機関側も取引相手として問題がないか審査をしています。口座を開設に行く際の服装なども不信感を持たれないようにスーツなどしっかりとした恰好をしていくとよいです。 法人口座を開設するには、金融機関に信用を得るために必要なものをもれなく準備し、どのような事業を行い、どのような人物・経歴があるのか、正しく理解してもらえるしっかり準備をして窓口に向かいましょう。