口座を法人にするメリット

お金の流れを把握できるのが強み

法人名義で開設した銀行口座を法人口座と呼びます。これは個人ものとは内容が違っています。基本的に法人化するのなら法人口座を開設したほうが良いです。この口座には会社の運営などで必要になるお金を出し入れます。個人のお金と混合をしてしまうと、どれが会社のお金なのか把握できないです。財務の流れを把握しやすくなるので法人口座は開設したほうが便利でしょう。銀行を介して支払いや振り込みがあったときにはお金の動きがすべて記録されます。お金の流れが理解できれば経費の削減なども考えやすくなるのでお得です。手元残高なども簡単に理解できるので、今後の会社運営をするにあたって資金繰りがしやすくなるといったメリットもあります。

信頼感を得られるので安心

会社運営をするときには多くの会社と取引を行います。個人口座のままだと他の会社との取引に支障出てしまう可能性が高いです。法人口座をしっかり開設していれば企業としての認識もあり信頼感も高まります。結果的に取引もしやすくなるので、今後の会社運営を考えると法人口座を開設しておいて損はないでしょう。企業によっては法人口座の開設をしていない企業とは取引をしてくれない場合もあるので注意が必要です。法人として経営をしているのに個人口座を使っていると税務署に目をつけられる可能性もあります。不正などは指定なくても怪しいと思われてしまう可能性が高いので気をつけないといけません。法人は個人とは別なので口座を別々にしましょう。