インターネットバンクならではの利点

法人口座を開設したい!

会社を立ち上げた際に法人口座をどの銀行で作ろうかと迷う人は多くいます。設立した会社がある地域に密着した銀行やネット銀行など今や銀行は多様化していて、どのようなメリットやデメリットがあるのかわかりずらいこともあります。そもそも法人口座は会社間で取引をするために必要である一方で、個人で口座を開設するよりも審査などが厳しく時間がかかるというイメージが浸透しています。たしかにこのようなことは否定できませんが、それだけの信用と信頼関係がないと難しいのです。法人口座を開設する前に必要な書類を各方面から取り寄せたり準備することは必須で、また不備がないように確認をして万全の態勢で提出することは信頼関係を築く上でも大切です。

具体的にはどう違うのか

会社を経営していく上でかかる費用はなるべくおさえたいものですが、それは法人口座に関する手数料も同様であるといえます。個人口座ではネット銀行が手数料や金利が実店舗を持つ銀行よりもお得であるといわれていますが、それは法人口座でもいえることなのか調べてみました。ネット銀行では月額利用料や同行宛の振込手数料は多くのネット銀行では無料で、利用時間も24時間利用することができるなど多くの利点があります。一方で実店舗を構える都市銀行では多くの企業で活用されていたり、ネットバンキングでは残高照会や振込を利用する多くの利点があることがわかりました。総合的にみてインターネットバンクは必要経費である手数料が無料など、多くの利点がありました。